お仕事【講座】

アーユルヴェーダ
スポンサーリンク

お店で食べるようなスパイスカレーを自宅で作ってみたいというご要望にお応えして、3種類のスパイスだけで作れるスパイスカレーレシピ付き講座を開催しました!

オンライン開催なので、実際に作ることはなかったのですが、いつか一緒にわいわいしながら作りたいですね!

使用する3つのスパイス

・ターメリック
・コリアンダー
・カレー粉

これだけで本格的な味になるの?!と驚かれましたが、できるんです!
実はカレー粉には、9種類から15種類のスパイスが含まれているものが多いので、カレー粉だけでもスパイスカレーは作れるのですが、ターメリックとコリアンダーを追加することで、味に深みとコクもプラスされ、より香り高いスパイスカレーになるのです。

スパイスの効果効能

スパイスカレーだけではなく、オレンジ紅茶、デザートにオレンジ風味のフルーツヨーグルトなどの定食スタイルでご提案。
ターメリック、コリアンダーと合わせて「オレンジピール」のこともご紹介しました。

アーユルヴェーダ的な健康とは

スパイスカレーをご紹介する上で外せないのが、アーユルヴェーダのこと。スリランカのアーユルヴェーダでは、食事を整えると未病を防ぐともいわれています。
アーユルヴェーダでのスパイスの立ち位置は、消化を促進したり、胃腸の健康維持のために使用されています。

だからインドやスリランカなどではスパイス料理(カレー)がメインなのです。他にも気候や衛生環境が関係しているという理由もありますが、古くからキッチンファーマシーのように「家庭で健康を維持する」ということが習慣になっています。

現代でも、お腹が痛いときはナツメグ喉が痛いときにはコリアンダーなどを食べると良いといわれ、比較的に若い世代にも受け継がれています。

講座内では、時間の関係上、あまり詳しくは解説できなかったのですが

・消化
・吸収
・排出

3つの役割をアーユルヴェーダと生物学的な側面の両方からお伝えしました。
2ヶ月に1回開催するので、次回も楽しみにしていてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました